精神科でどんな治療を受けるのか?

精神科での精神疾患の治療というのは、カウンセリングをしたり薬物療法を行ったりして、原因となっている悩みなどを改善させたり、社会に適応するようにしていく治療が行われます。

精神科で処方された処方箋を服用しながら、定期的に通院をして精神科にカウンセリングをしてもらいます。

これ以外にも、家族が精神科医に相談をする家族療法であったり、似た症状に悩んでいる人と接する集団精神療法といわれる治療法なども行われたりします。

これらの治療法の中で、特に重要なのはカウンセリングとなっており、カウンセリングを基に認知行動療法や精神分析をしていくということも珍しくありません。

通院をしながら治療を受けても症状が改善されない、または改善されないどころか悪化してしまっている、自殺をしてしまう危険性があると判断された場合、入院をしなくてはならない場合もあります。

そして、精神科ではデイケア・プログラムという治療法が行われることが多いです。

このデイケア・プログラムというのは、社会復帰ことを目標にしたプログラムとなっています。

集団行動をしたりスタッフと話し合いをしたり、ストレスを感じた場合にどのように対処をしていくのかを学んでいきます。

また、陶芸をしたり絵を描いたりして創作活動をしたり、レクリエーションや料理、スポーツなどをして、コミュニケーション能力や生活能力を養っていきます。

このデイケア・プログラムは、精神科以外にも、精神保健福祉センターや保健所で実施されている場合もあります。

その医療機関や施設によって、プログラムが違っていたり、対象者の条件が異なっている場合もあります。

うつ病の人を対象にしているプログラムもありますし、統合失調症の人を対象にしたプログラムもありますから、自分の症状に合わせてプログラムを選ぶといいでしょう。

那覇ソープ

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP