優しい対応で接してくれる心の窓口相談の医療機関

診療科目による違いについて

 

精神疾患や精神的な障害の治療を行っている診療科目として、神経内科や心療内科、精神神経科、精神科があり、いずれの診療科目で治療をしてもらうべきか分からない人もいるでしょう。

今回は診療科目によってどのような違いがあるのかについてご紹介をしていきたいと思います。

 

精神神経科と精神科

名称は若干違っていますが、内容は同じです。

精神神経科、精神科のどちらもかかれていたり、どちらか片方だけ書かれているのであれば、神経症性障害や統合失調症、うつ病などといった精神的な疾患の治療をおこなっいる医療機関だと思っていいでしょう。

 

心療内科

心療内科というのは、精神的な問題によって、いわゆる心身症である気管支ぜんそくや胃潰瘍などといった肉体的な症状が現れる疾患の治療を行うための診療科目となっています。

ですが、心療内科と書かれていたとしても、心身症だけに対応しているだけではなく、不安障害などの精神的な疾患の診療も行っている医療機関もかなり多いです。

ただし、重度の精神疾患の場合は、診療対象外になっている場合もあります。

 

神経内科

神経内科というのは、指の震えや手足のしびれ、脳梗塞、パーキンソン病などのような神経系の疾患の診療を行っています。

精神疾患の診療は基本的には行われていないのですが、中には神経内科でも、精神疾患の診察をしてくれている場合もあります。

自分の症状はどの診療科目が良いのか分からないという場合もあるかと思います。

このような場合は、電話で自分の症状を説明して、診察や治療をしてもらうことはできるのかを問い合わせたり、インターネットで自分の病気に対応をしているのかを調べたりするといいでしょう。

 

医療機関の違いについて

 

医療機関として、センターや病院、クリニックに分かれているのですが、どのような違いがあるのかについてお話をしていきたいと思います。

精神科病院

20床以上のベッドが用意されており、症状や進行度によっては入院をすることができるようになっています。

精神科の病院の場合は、統合失調症や不安障害、うつ病のような精神疾患の診断や治療を行っているだけではなく、認知症の診療を行っている場合もあります。

≪日本精神科病院協会≫

 

クリニック

クリニックは診療所とも呼ばれている医療機関となっており、センターや病院と違い入院設備がありません。

クリニックの場合も、統合失調症や不安障害、うつ病などといった精神疾患の診断や治療を行っています。

クリニックの中には、依存症専門のクリニックや、子供専門のクリニックなどもあります。

≪名古屋市内のメンタルクリニック一覧≫
≪千葉県内の精神科医療機関≫

精神保健福祉センター

精神的な疾患だけではなく、認知症や発達障害、ひきこもりや依存症などに悩んでいる人の相談を行っています。

精神保健福祉センターは、全国の都道府県及び政令市例都市に必ず1か所は存在しています。
≪全国精神保健福祉センター一覧≫

 

総合病院

総合病院は精神科以外にも、外科や内科などといった色々な診療が行われている病院となっています。

ですから、精神疾患の症状だけではなく、体のどこにも異常はないかを調べてもらう際に適しています。

 

保健センター

保健センターはいわゆる保健所となっています。

保健センターでも、精神的な悩みや病気などを抱えている人の相談に乗ってくれる窓口となっています。

自分の現在の精神的な状態は、精神科で見てもらうべきなのか迷っていたり、自分の家族が精神疾患になっていてどのように対処をすればいいのか分からないという人が相談に乗ってもらっています。

 ≪全国保健センター連合会≫

医療機関はどうやって選ぶ?

 

精神科を扱っている医療機関というのはたくさんあります。

その中で医療機関選びをする時のポイントについてご紹介をしていきたいと思います。

 

1.その精神科医がどのような精神疾患を得意としているのかを見る

 

精神科というのは、色々な精神疾患の診察をして治療を行っているのですが、その精神科医によって、その中で得意としている精神疾患や症状というものがあるものです。

ですから、病院のホームページを見たり、電話で症状について説明をして、得意な精神疾患であるかどうかを確認してから、診察をしてもらうかどうかを決めるといいでしょう。

 

2.治療プログラムやスタッフの対応を確認する

 

その医療機関によって、治療プログラムの内容も違っていますし、在籍しているスタッフの対応が違っていたりしています。

スタッフの対応はいいのか、治療プログラムは自分に合いそうなのかを確認しておいたほうがいいでしょう。
また、スタッフとして、臨床心理士やソーシャルワーカーは在籍しているのかも確認をしておいたほうがいいでしょう。

医療機関内には臨床心理士などが在籍をしていなくても、敷地の隣にカウンセリングセンターが設置されているという場合もあります。
これらのことを調べるようにしておけば、治療をしてもらう医療機関選びもしやすくなるはずです。

 

3.通える範囲化を調べる

 

精神科がある医療機関というのはたくさんあるのですが、何度も通院をしなくてはならないことが多いです。

ですから、診療時間は自分が通える時間帯なのか、そして通いやすい距離や立地条件になっているのかを調べることも忘れないようにしてください。

 

4.自分と向き合ってくれるかどうかを確かめる

 

スタッフや精神科医がちゃんと自分と向き合ってくれるのかをチェックすることも大切です。

向き合ってくれなかったり理解をしてくれない医療機関で治療を受けても、信頼関係を構築させることはできません。

精神疾患というのは、とても繊細な病気ですから、信頼できない医療機関で治療を受けたとしても、思ったように効果を得られないことが多いのです。

治療を受けてみたものの、相性が悪いと判断したら、思い切ってほかの医療機関を探すようにしたほうがいいでしょう。

 

△PAGE TOP